さとコラム

玄米が苦手な方! ”寝かせ玄米” は食べて驚きの○○○食感!

玄米が苦手な方! ”寝かせ玄米” は食べて驚きの○○○食感!

「玄米」と聞いたとき、皆さんが思い浮かぶものとは、

どのような「玄米」なのでしょうか??

 

 

女性の大多数が、玄米に関して「健康」「美容に良い」

「便秘に効く」など好イメージを持つ一方、

「固い」「家族が嫌がる」「炊飯しにくい」など、

欠点に関して肯定的な声も7~8割に上る。

(日本食糧新聞より)

 

 

しかし、玄米は健康に良いことも事実です。

・・・・・では、何が健康に良いのでしょうか??

 

◆玄米ってなに?

そもそも玄米とは、

収穫した稲から外した籾(もみ)の籾殻を除いた状態、

「稲の種」のことをいいます。

 

その玄米から、果皮 ・ 胚芽 ・ ぬかを

削り取ったものが <白米> となります。

 

簡単にまとめると、「精米していないお米」・・・

つまり玄米とは、稲という植物の「果実・種子」なんです!

 

実際に玄米に水をやると芽が生えてきます。

 

玄米が持つすごいところは、

白米から削り取った皮や胚芽、ぬかにあります。

 

これにはビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷりあり、

消化や代謝を助ける栄養素がたっぷりと含まれています!

 

ところで、「粕」(かす)という漢字を右から読むと

「白米」になります。

 

白米とは、玄米から栄養素を除いた

「カス」ということの意味だったんですね・・・。

 

◆玄米食って効率よく栄養素を摂取

できる食事なんです

 

野菜や果物をたっぷり取りましょう!と

よく言われますが、それはどうしてでしょうか??

野菜や果物には「ビタミン、ミネラル、食物繊維、酵素が含まれ、

それらを摂取するために必要ですよね。

 

でも、よくよく考えてみると・・・

 

「白米は玄米から栄養素を取り除いてあるので、

別に取り除いた栄養素を取らないといけない」

 

ということになるためです。

 

つまり、前述しましたが、

玄米とは副栄養素を取り除いたものです。

 

もともと玄米には含んでいるので、何品も増やす手間もなく効率よく

栄養素も摂取できるのが「玄米食」です。

◆でも玄米って正直美味しくない!

と思っている方へ

 

「健康に良いのは理解できた!

でも硬くてパサパサしていてあまり美味しくないよね~」

 

と思っている方もいらっしゃるかと思います。

 

また、

 

「どうやって食べたらいいの?」

 

と思っている方も多いかもしれませんね。

 

そんなみなさまに朗報です!

株式会社 結わえる 様のサイトです。

(会社名をクリックしてみてくださいね。)

 

芝寿しが扱う「寝かせ玄米」とは、

契約農家さんが愛情たっぷりに育てた

特別栽培米のカルゲン玄米を絶妙に配合し

相性の良い圧力釜で炊飯し、独自製法で

 

 

もっちもっちに炊き上げた

美味しい玄米ごはんなんです。

 

 

↑こちらが寝かせた後の玄米です。

 

◆寝かせ玄米のこだわり

 

当社の玄米はカルゲン米を使用しております。

 

「カルゲン」の使用により、

一般米よりカルシウム含量が約20%増です。(石川スズエ様比)

化学肥料・農薬は極力控えております。

 

ミネラル、カルシウムが豊富なお米になっております。

 

 カルゲン米とは

カルゲン(カルシウム肥料)の魅力に取り付かれた

杭田(くいだ)氏が 生きた土づくりにこだわり、

 

ミネラル豊富で美味しいお米が育つカルゲン

農法を長年研究し確立。カルゲンとは太古の昔、

海水中のカルシウムと硫黄が沈殿凝固して鉱石

となり地表や地層で層を成しているものをいいます。

 

ミネラル分が豊富で肥料に使うと、かつてのミミズ

や虫が戻り生命力のある土づくりができるといいます。

 

また杭田氏はカルゲン米の美味しさを多くの人に広めるため

金沢市内で「おむすび美人」というお店を開いております。

 

おむすび美人 様のサイト紹介です。

(店名をクリックしてみてくださいね)

 

さて、話は寝かせ玄米に戻ります。

 

特徴としてはモチモチした粘りのある食感と、

あっさりとした味覚が特徴です。

 

水分含有量が多く、炊き立てはもちろん、

冷めても美味しいお米です。

 

 

えっ!?これが玄米?!・・・と驚かれる方も多いです。

それぞれのこだわりがある6つの具材からお選びいただけます!

イートインだけではなく、テイクアウトも可能ですので、

是非、ご賞味いただければと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!